田舎暮らし

 田舎暮らし

Google

住居の複数化
100%の田舎暮らしを始める前に、都会の生活で培ってきた技術を活用しないてはありません。街では今までの経験を活かし、しっかりビジネスを行います。自然の中ではスローライフを満喫するのです。

田舎には働くための職種が少ないため、高度な都市機能と田園地帯の豊かな住環境を同時に享受するという、新しい田舎暮らしの考え方が重要になってきます。

自然が豊かで物価も安いと、田舎暮らしはメリットばかり取上げられがちですが、デメリットもあります。田舎で働こうとしても、土木や建築、農林漁業といった職場がほとんどなのです。

都会を離れゆったりとした田舎暮らしに憧れる人も多いはずです。田舎だからこそ第一次産業だとチャレンジするのも良いですが、ちょっとリスクが高いと思いませんか?

つまり、都会と田舎の『いいとこどり』するのです。住居の複数化です。ウィークデーには情報が収集しやすい都市で仕事に集中します。ウィークエンドには田舎でゆったりとした時間を満喫するのです。


終(つい)の棲家
セカンドライフを「自分のふるさと」や「田舎」でのんびり暮らしたいと思う方がいらっしゃるかもしれません。終(つい)の棲家となるよう慎重に検討して頂きたいと思います。

地方自治体によっては、過疎対策の一環として空家対策を行っています。専門の担当部署を作って、さまざまな情報提供を行っています。
全国の空家住宅情報など参考にしてみて下さい。

また、北海道の標津(しべつ)町では、「所定の条件を満たせば、無料で土地を提供」という募集をしています。その条件とは、3年以内に家を建て自身が住むことです。売却はすぐにはできない契約になっています。

『地域社会の一員になって生活する』『気候風土に慣れ親しむ』ことができれば良い訳ですが、実際は難しいかもしれません。でも、「北海道での田舎暮らし」に興味をお持ちの方には、検討に値する案件ですので、詳細ご確認下さい。

下記の書籍は、田舎暮らしに関するものです。参考にして下さい。

半農半Xという生き方
価格:820円

「半農半X」とは、農的暮らしを実践しつつ大好きなことを追求すること。このコンセプトを提唱し、少なからぬ読者の人生を変えてきた本、ついに文庫化!移住後の生き方として。就職とは別の生き方として。退職後のセカンドライフとして。多くの実践者の話から、天職の探し方、田舎暮らしの始め方、なぜ「農」が必要なのか、などがわかってくる。文庫化にあたり、その後の広がりを追加。





Copyright(c)Skipsong. All rights reserved.