スローライフ

 スローライフ

Google

スローライフ

触ることすらできないなら、そばによることから始めてみましょう。枯れている夫婦ほど、広義の意味での前戯を味わうことが大切です。スローなスタイルはよほどエロティックで楽しいものとなることでしょう。

例えば、相手と会話すること、食事を共にすること、相手を見つめること、相手に触ること等々、広義の意味での前戯です。誘うのが恥ずかしい人も、話題のスローライフなら、試してみたいと言いやすいかもしれません。

心身を本当につなげるためのライフは、年齢を重ねるにつれ、必要不可欠なものなのかもしれません。そこには相手を楽しませたい、悦ばせたいという気持ちを持ち合うことができるからです。

相手の愛とぬくもりを感じることで、男性は初体験以上の快感が、女性は何度もオーガズムを感じられることでしょう。


とかく目を背けがちなテーマですが、とても大事なことです。私も読んでみました。画期的アダム性理論によって心も身体も癒され、至福と悦びに満ちた最高の人生を過ごせそうです。

今まで日本人の多くが、それが普通だと信じていた非常識の数々を、随時正しながら、本当に気持ちいいライフをするための正しい常識を、図解入りで詳解。必ず今まで経験できなかった気持ちいいライフができるようになり、自信を持ってスローライフに臨むための基本事項がすべて網羅されています。 本物の愛と性とは心と体で高めあうものです。

出世する男はなぜセックスが上手いのか?
価格:799円

決断力がある、時間の使い方が上手い、欲望が強い、他人のために行動する、努力を惜しまない―仕事で成功を収める鉄則は、そのまま女を悦ばせる秘訣でもあった!女性の官能を最大限に高める“スローセックス”を啓蒙する著者が、仕事とセックスに通底する勝者の法則を解説。愛撫は「触りたいから触る」のではなく目的意識を持ってする、セックスに起承転結のシナリオを用意するなど具体的ノウハウを満載し、性技の道を極める一冊。


著者情報
アダム徳永(アダムトクナガ)
名古屋芸術大学卒業後、渡米。現地の出版社に就職し、イラストレーターとして活躍する傍ら、1988年、ロサンゼルス市が発給するマッサージテクニシャンの資格を取得。人体の神秘に魅せられる。帰国後の1991年、「M&Wオーガズム研究所」を創立。14年の歳月と、1000人以上の女性との実践的フィールドワークを経て、最高のエクスタシーが得られる新技法・アダム性理論を確立。超ソフトタッチでたゆたうように愛撫していくそのスタイルを、“スローライフ”と命名。スローライフの生みの親となる。2004年、東京・六本木に、日本初、世界にも類を見ないスローライフを教える学校、『ライフスクールadam』を設立




Copyright(c)ゆるやかに悠々自適生活, All rights reserved.