お月見だんご

 お月見だんご

Google

お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれます。月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。
中国各地では月見の日にサトイモを食べることから、もともとはサトイモの収穫祭であったのかもしれません。その後、中国で宮廷行事としても行われるようになり、それが日本に奈良~平安時代頃に入ってきたようです。

また、日本では8月15日だけでなく9月13日にも月見をする風習があり、こちらは「十三夜」と呼ばれています。十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。十三夜の風習は中国にはなく、日本独自のものです。

『お月見だんご のぞきうさぎ』 リュウコドウ


樹脂粘土でミニチュアスイーツ小物♪ 十五夜お月見だんご★

【新登場!かわいい和雑貨!縮緬のぞき動物シリーズ!信頼の日本製です】お月見だんごのぞきうさぎ 【1点】iyo

【プレゼント付】【3点セット】のぼりポール(竿)と立て台(16L)付ですぐに使えるのぼり旗 十五夜 お月見だんご (21259)

【新登場!かわいい和雑貨!縮緬のぞき動物シリーズ!信頼の日本製です】お月見だんごのぞきうさぎ 【5点】iyo

【受注発注商品】【お月見】【和雑貨】“お月見 だんご飾り”


Powerd by RakutenWebService


Copyright(c)Goodside, All rights reserved.