お月見だんご

 お月見だんご

Google

お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、この日の月は「中秋の名月」、「十五夜」、「芋名月」と呼ばれます。月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めます。
中国各地では月見の日にサトイモを食べることから、もともとはサトイモの収穫祭であったのかもしれません。その後、中国で宮廷行事としても行われるようになり、それが日本に奈良~平安時代頃に入ってきたようです。

また、日本では8月15日だけでなく9月13日にも月見をする風習があり、こちらは「十三夜」と呼ばれています。十三夜には、月見団子の他に栗や枝豆をお供えします。十三夜の風習は中国にはなく、日本独自のものです。

<送料無料>洛柿庵(・)豆タペストリー「お月見だんご」*夏用<長さ60センチ>【インテリア】細 タペストリー【タペストリー 壁掛け】インテリア タペストリー【タペストリー インテリア】和 モダン タペストリー【和 タペストリー】モダン インテリア のれん


5回で折れる季節と行事のおりがみ(3) あき〜どんぐり・ピアノ・お月見だんごほか〜 [ いしかわ☆まりこ ]

『お月見だんご のぞきうさぎ』 リュウコドウ

お月見だんご

【セット商品】3m・3段伸縮のぼりポール(竿)付 のぼり旗 十五夜 お月見だんご (21259)

のぼり 【「十五夜 お月見だんご」】のぼり屋工房 21259 幅600mm×高さ1800mm【業務用】【グループC】


Powerd by RakutenWebService


Copyright(c)Goodside, All rights reserved.