七夕

 七夕

Google

七夕伝説
天帝の娘である織女は、機を織るのが仕事です。しかし仕事ばかりする織女(おりひめ)を心配した天帝は、娘を天の川の向かい岸にいる牽牛(ひこぼし)と引き合わせました。すると二人は恋に夢中になって仕事を全くしなくなってしまいました。それをみた天帝は怒り、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。 二人の様子を哀れに思った天帝は、一年に一度、7月7日の夜にだけ会うことを許しました。しかし、7月7日に雨が降ると天の川の水が増水して渡ることができないので、カササギが二人の橋渡しをするそうです。

七夕祭り
各地で七夕祭りが行なわれますが、日付が3種類あることに気付きます。一つは現在の暦の7月7日で、二つめが旧暦の7月7日。そして3つめが8月7日に行なわれるというもので、有名な仙台の七夕祭りなどはこれが当たります。 七夕の日に、願い事を書いた短冊を笹の葉につるしますが、あなたは何を書きますか?

【送料無料】【ケース販売】田崎酒造 薩摩 七夕 芋 25度 パック 1800ml×6本【北海道・沖縄県・東北・四国・九州地方は必ず送料が掛かります。】


ミニリース 七夕・ほたる

七夕 ギフト 天の川〜織姫・彦星 短冊飾り付き・金平糖入り☆レビュー書き込みで次回飴プレゼント

ペアネックレス【with me.】ペアネックレス 七夕 ステンレス ペアネックレス「MilkyWay」【ペア/男女(2本)セット価格】【送料無料】【刻印文字が入れられます】【刻印なし→あす楽対応、刻印あり→約10日間納期】【刻印ありの場合、代引き不可】【コンビニ受取対応商品】

七夕短冊プリーツハンガー | 七夕の吊り装飾ディズプレイ(飾り)

麻の七夕飾り


Powerd by RakutenWebService


Copyright(c)Goodside, All rights reserved.