吉川英治

吉川 英治(よしかわ えいじ、1892年8月11日 - 1962年9月7日) 本名、英次(ひでつぐ)。 様々な職についたのち作家活動に入り、『鳴門秘帖』などで人気作家となる。1935年より連載が始まった『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。
檜山兄弟 上
価格:1036円

幕末、開国を迫る列強の圧力が高まる中、一人の男が長崎にやってきた。豪商・銭屋五兵衛の遺児である檜山三四郎は50万両という大金を積んだ星雲丸の行方を求めて出島の異人屋敷に蟄伏したのだ。鍵は船長が残した懐中時計。だが三四郎は天誅組崩れの志士に感化され勤王の志を抱くようになる。一方、遠島破りを犯して長崎に流れ着いた梅吉と安は放蕩を続けていたが、三四郎を襲ったことで運命の歯車が回り始めた…。

檜山兄弟 下
価格:1036円

故郷に戻ったのも束の間、兄・健助とともに越後を追われ、江戸にやって来た檜山三四郎。薩長連合によって日本の新しい時代を開こうとする英公使パークスの元に身を寄せた彼は、密書を携え両藩の巨頭に会うべく動き出す。だが、それを阻止しようとする幕府の刺客たちも三四郎を追尾、開国の鍵を握る暗闘が開始された…。壮大な奇想と圧倒的なリーダビリティ。80年の時を超えた幻の初期時代伝奇作品!

江戸城心中
価格:1036円

鳥羽の山田奉行を務める大岡忠相は密貿易に頭を悩ませていた。伝説の海賊・先生金右衛門が多くの手下を従え、親船・巽丸を操り傍若無人に海を駆けていたのだ。忠相は信頼厚い部下を使い、密貿易の実態を探らせる。一方、金右衛門の手下である鯨太郎は、幼馴染みで庄屋の娘・八重と駆け落ちを約束していたが、忠相の罠により、逃亡を余儀なくされてしまった…。やがて徳川吉宗の将軍就任と共に江戸へ導かれた彼らの運命は?

コミック 宮本武蔵 1
価格:540円

送料無料|本|コミック 宮本武蔵 1|吉川英治|神田たけ志|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

コミック 宮本武蔵 2
価格:540円

送料無料|本|コミック 宮本武蔵 2|吉川英治|神田たけ志|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

あるぷす大将
価格:410円

送料無料|本|あるぷす大将|吉川英治|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

修羅時鳥
価格:432円

送料無料|本|修羅時鳥|吉川英治|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

三国志 1
価格:820円

送料無料|本|三国志 1|吉川英治|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

三国志 4
価格:820円

送料無料|本|三国志 4|吉川英治|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

上杉謙信
価格:820円

送料無料|本|上杉謙信|吉川英治|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store


Copyright(c)Skipsong, All rights reserved.
特定商取引法に基づく表示