山本周五郎

山本 周五郎(やまもと しゅうごろう、1903年(明治36年)6月22日 - 1967年(昭和42年)2月14日)は、本名、清水三十六(しみず さとむ)。 『日本婦道記』で第17回直木賞に推されるも辞退し直木賞史上唯一の辞退者となった、直木賞を受賞辞退した裏には、一説に賞を主催する文藝春秋の菊池寛との不和が挙げられる。 死後、氏の功績をたたえて、山本周五郎賞がつくられた。
さぶ
価格:734円

男前で世渡り上手な栄二は、表具師として幼馴染のさぶと一緒に働いていた。しかし突然、身に覚えのない罪で、石川島送りとなる。言い分も聞き入れられず、世間に見捨てられたと心を閉ざす栄二だったが、島での護岸修理中、生き埋めとなってしまう。石垣に体の自由を奪われ次第に潮も満ちる中、死を覚悟した栄二が見たものは…。人情ものの名手が紡ぐ傑作長編に、人物一覧・注釈を追加した新装版!

柳橋物語
価格:604円

苦境の中にあっても、たくましく生き抜いてみせる――周五郎の名作第三弾! 幼さゆえに同情と愛とを取り違え、庄吉からの求愛を受け入れたおせん。しかし大火事で祖父と幼馴染の幸太を失ったことを皮切りに、おせんは苛烈な運命へと巻き込まれてゆく……。他『しじみ河岸』収録。

さぶ
価格:648円

小舟町の芳古堂に奉公する栄二とさぶ。才気煥発な栄二と少し鈍いがまっすぐに生きるさぶ。ある日、栄二は身に覚えのない盗みを咎められ、芳古堂から放逐されてしまう。自棄になった栄二は身を持ち崩し人足寄場へ送られるが―。生きることは苦しみか、希望か。市井にあり、人間の本質を見つめ続けた作家の代表作。

白石城死守
価格:583円

攻撃を受けた時は、すぐに援軍を送るゆえ使を送れ―主君伊達政宗から白石城の留守を任された浜田治部介と五十一騎。白石城は直後、上杉の猛攻を受けるが、治部介は援軍を頼まず籠城を決意する。その真意とは?表題作「白石城死守」のほか、名作「菊屋敷」など全六篇を収録。生の意義を端正な言葉で描く傑作。

赤ひげ診療譚
価格:680円

幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。貧しく蒙昧な最下層の男女の中に埋もれる現実への幻滅から、登は尽く赤ひげに反抗するが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。傷ついた若き医生と師との魂のふれあいを描く快作。

小説日本婦道記
価格:594円

送料無料|本|小説日本婦道記|山本周五郎|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

季節のない街
価格:723円

送料無料|本|季節のない街|山本周五郎|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

ちいさこべ
価格:766円

江戸の大火ですべてを失いながら、みなしご達の面倒まで引き受けて再建に奮闘してゆく大工の若棟梁の心意気がさわやかな感動を呼ぶ表題作、藩政改革に奔走する夫のために藩からの弾圧を受けつつも、真実の人間性に目を見ひらいてゆく健気な女の生き方を描く『花筵』、人間はどこまで人間を宥しうるかの限界に真正面から挑んだ野心作『ちくしょう谷』など、中編の傑作4編を収録する。

人情裏長屋
価格:766円

居酒屋でいつも黙って一升桝で飲んでいる浪人、松村信兵衛の胸のすく活躍と人情味あふれる子育ての物語『人情裏長屋』。天一坊事件に影響されて家系図狂いになった大家に、出自を尋ねられて閉口した店子たちが一計を案ずる滑稽譚『長屋天一坊』。ほかに『おもかげ抄』『風流化物屋敷』『泥棒と若殿』『ゆうれい貸屋』など周五郎文学の独擅場ともいうべき“長屋もの”を中心に11編を収録。

明和絵暦
価格:907円

尊王学者・山県大弐の影響をうけ、藩の進むべき道をめぐって対立を深める小幡藩の青年藩士たち。やがて兄と許嫁が敵味方に分かれることになった時、八千緒は…。そして、大弐の秘める計略とは。彼と苦難をともにする若者たちをとおし周五郎が生涯のテーマ“人間の真価は何を為したかではなくて、何を為そうとしたかだ”を追求。剣戟あり、悲恋あり、知略うずまく歴史時代長編!


Copyright(c)Skipsong, All rights reserved.
特定商取引法に基づく表示