武者小路実篤

武者小路 実篤(むしゃこうじ さねあつ、男性、1885年5月12日 - 1976年4月9日)は、白樺派を代表する小説家。 学習院初等科、中等学科、高等学科を経て、1906年に東京帝国大学哲学科に入学。1907年、学習院の時代から同級生であった志賀直哉や木下利玄らと「一四日会」を組織する。同年、東大を中退。1910年、志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。
釈迦
価格:918円

仏教の開祖・釈迦の生涯を、人間愛を唱えた文豪が描く。生きることに苦悩し、仏陀となって教団を率いるようになった後も、難問に悩まされながら、人々を思いやりつつ生きた人間釈迦への尊崇の念と篤い共感が全篇に溢れる。武者小路実篤の伝記小説の名作であり、近代日本における代表的な釈迦伝である。

友情
価格:399円

送料無料|本|友情|武者小路実篤|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store

真理先生
価格:561円

今日の小説には暗い世相を描き、人生を否定的にみた作品が多い。時代の実相はその通りかもしれないが、人生の美しさ、人間の善意を大胆に表明した作品があっていいはずで、本書はそういう作品の典型である。登場人物はすべて善人だが、善人とはお人好しではなく自分の理想や信念に忠実な努力家であり、こうした人物の異様な魅力を描き、人生肯定家としての作者の頂点をなす作品。

お目出たき人
価格:432円

送料無料|本|お目出たき人|武者小路実篤|1冊から送料無料のオンライン書店|boox store


Copyright(c)Skipsong, All rights reserved.
特定商取引法に基づく表示