宮城県の歴史街道

七ヶ宿街道

国道113号は、かつては出羽と陸奥を結ぶ、山中七ヶ宿街道と呼ばれていました。関、滑津、湯原といった、かつての7つの宿場には、当時の面影が忍ばれる本陣の遺構があります。

・住所; 宮城県刈田郡七ヶ宿町関
・アクセス
@JR東北新幹線白石蔵王駅から宮城交通バス関開発センター行きで54分、関下車すぐ
A東北道白石ICから国道4号、113号経由 山形方面約50分
・電話番号; 0224-37-2177(七ヶ宿町産業振興課)


武家屋敷通り

沢端川に面した住宅地には往時の面影をしのばせる武家屋敷が数棟残されています。ほとんどが現役の住居ですが、旧小関家のみ屋敷内の見学ができます。

・営業時間; 9:00〜17:00
(11〜3月は〜16:00)
・休業日; 無休
・料金・ 見学料=無料 (旧小関家=大人200円、小人100円)
・住所; 宮城県白石市西益岡町5-40
・アクセス
@JR東北本線白石駅から徒歩15分
A東北道白石ICから国道4号 約15分
・電話番号; 0224-24-2162(武家屋敷管理事務所)


Copyright(c), All rights reserved.