幼児教育 英語

小学校英語の必修化が話題になるなど、最近子供の英語教育に関心が集まっていますね。
せっかく早く始めても長続きしなければ意味がありません。
長期間継続的に英語を学び続けるためには、幼児期にどのような土台作りが必要なのでしょうか?

幼い子供は、日本語も英語も母国語のように習得する力を元々持っているそうです。
その力を利用して、英語教育ではなく、英語環境を与えるというスタンスで考えると良いのかもしれません。
例えば、オンラインでの勉強より、ネイティブの先生がいる英語教室へ。

英語教室から帰ってきたら、お母さんが一緒に復習をしたり、子供自身が「英語を使って楽しく遊んでいる」
と感じられる環境作りをしていきたいですね。
参考までに、ある有名な英語教室の概要をご紹介致します。興味のある方は、詳細をご確認下さい。
こちらの英語教室では、初めに無料の体験レッスンができるのが特徴です。

[PR]全国1200教室の子ども英会話教室

◎ネイティブと日本人講師
4回のうち1回がネイティブ講師とのレッスンで、学んだことを実践できます。

◎発音習得方法
リズム感をベースに手の動きや指を使って発音のイメージを覚えたり、舌の動かし方を身に付ける方法です。

◎レッスン参観&懇談会
1年に3回の参観日があり、クラスの雰囲気やお子様の様子、学習の成果などをご確認頂けます。
お子様一人一人に合わせたケア・サポートができる担任制なので安心です。
ご家庭で使えるオリジナル教材と教室でのグループレッスンで、子供達の「英語耳」を育てます。