幼児教育 右脳

幼児教育はいつから始めるのが良いのでしょうか。

子供の頭脳は驚くべき可能性と吸収力をもっています。
働きかける時期が早ければ早いほど才能が大きく伸び、年齢が上がるにつれてその可能性は減っていくと云われています。 才能逓減の法則に着目し、幼児の大切な時期に効果的な右脳トレーニングができるよう開発されたシステムがあります。 脳の80%ができ上がってしまう6歳までに取り組むことで、子供が本来もっている素晴らしい能力を育むことができます。

人間の脳には右脳と左脳があり、左脳は言語・計算・分析など論理的な思考をする脳で、
右脳は、芸術・空間認識・瞬間暗記・直感的な思考をする脳だと云われています。
0歳から3歳までは右脳が優位に働き、3歳以降は左脳が優位になるということなので、
右脳が発達する早い時期に適切な右脳教育が必要なのす。

3歳頃までに脳に与えられる刺激が、脳の働きに大きく影響すると云われています。
更に2歳よりも1歳、1歳より0歳、0歳より胎児というように教育を始める時期が早ければ早い程、
天才児になる確率は高くなっていくそうです。

七田式は幼児教育と右脳教育の第一人者七田眞先生が確立、その実績は世界的に広く知られています。
幼児教育の教材なら七田式学習システム

但し、子供はお友達との遊びの中で多くのことを学びますので、早期教育ばかりに走ることなく 子供もの自発的な遊び、集団の遊びの時間も大切にし、バランスの取れた生活が送れるよう心がけたいですね。