スポンサードリンク

 彼女の二股度が分かる

さて、何から食べ始めようか?

今日は残業をしなければなりません。夕食の時間が遅くなってしまうので、ちょっとカロリーは気になるものの、やっぱりパワーをつけなきゃと、ランチは生姜焼き定食を食べることにしました。さて、あなたはどれから食べますか?

A; お味噌汁
B; 野菜サラダ
C: 生姜焼き
D; おしんこ
E; ごはん

の答えを選んだ彼女; 二股度90%
何気なくお味噌汁をすする人は、おとなしそうに見えてけっこうヤリ手。二股をかけても、やりくりに悩むなんてことはなく、こともなげに自然に振舞えてしまいます。本人に罪悪感がまったくないので、あまり考え込まずに何となく物事をうまく運んでしまうのです。付き合っている男性も、彼女が二股をかけているとは露ほども知らないでしょう。彼女にかかったら、二股どころか三股だってへっちゃらです。

の答えを選んだ彼女; 二股度50%
「女としてはやはり野菜サラダから」という人は、人目を気にする性格です。見かけにもこだわるところがあるので、好みの男性に出会うと、付き合っている人がいても、ちょっとその気になってしまいます。彼にバレなきゃかまわないよね、と誘いにのることもままあります。もっとも、それが出来心からの一夜のアバンチュールに終わらず、あとを引いてしまうこともしばしば。そのせいで次第に彼との関係がギクシャクしてしまうこともあり、本当のかけひき上手とはいえないタイプです。

の答えを選んだ彼女; 二股度20%
「生姜焼き定食なんだから当然生姜焼きでしょう」という人は、ストレートな性格です。二股かけて、あちらにはこう言い、こちらにはああ言って、あれこれ言い訳をしてかけもちするのは面倒くさいと思うタイプです。白黒はっきりさせないと気がすまない性格で、恋のかけひきが苦手というより嫌いなのです。二股などというややこしいことはせず、何事も一直線に進みます。その分、他にちょっと気になる人ができて心変わりしたら、移行期間を取るなどという手間はかけずに、さっさと乗り換えてしまうところがあります。

の答えを選んだ彼女; 二股度70%
「メインに行く前にまずはおしんこでワンクッション」という人は、慎重なタイプです。もっとも、慎重だから二股はかけないかというと、さにあらず。あの人もいいし、この人もいいかも、という場合、なかなか一人には決めることができないので、結局二股をかけるという結果になってしまうのです。また、じっくり計画を練るタイプであるため、案外かけひきも上手といえます。但し、細かいことにこだわりすぎて自縄自縛になってしまい、計算倒れに終わってしまうこともしばしばあります。

の答えを選んだ彼女; 二股度10%
真っ白いごはんをとりあえず一口という人は、裏表のない誠実なタイプです。このタイプにとっては、恋はゲームではなく、愛情のやりとり。二股どころか、スポーツ感覚でエッチを楽しむなどということは考えられません。それに不器用なので、もしも二股をかけたりしたら、本人が疲れてしまいます。軽いノリで付き合うつもりの男性にはヘビーな相手ともいえます。

Copyright(c), All rights reserved.