彼の嫉妬深さが分かる

先にお刺身定食を注文されたら?

お昼の同僚となじみの定食屋に入りました。ハンバーグ定食が人気メニューなのですが、この日はお刺身定食にしようと決めていました。ところが、先に同僚が「お刺身定食!」と言うではありませんか。先を越されて、注文を一瞬躊躇してしまったあなた。さて、何と言って注文しますか?

A; 「同じものにします」
B: 「お刺身定食」
C; 「あ、ぼくも....」
D; 「ハンバーグ定食」
E; 「じゃあ、てんぷら定食」
F; 「それを二つ」

を選んだ彼; やきもち焼き度5%
同僚に先を越されたなどと、気にはとめない人です。同僚がどうあれ、自分はこれにするというマイペースなスタンスで、良く言えば気のいいタイプですが、悪く言うと、女心にはうとい野暮な人でもあります。やきもちを焼くということもめったにしません。彼の気持ちを確かめようとか、恋の炎をあおってマンネリを打破しようと思って、わざとやきもちを焼かせようとしても、この人には通じません。女性からしたら、ややもすると、そこがつまらなく映ることもあるタイプです。

を選んだ彼; やきもち焼き度65%
先に注文した同僚と同じメニューなのに、あえて「お刺身定食」ともう一度言うところに、他人には左右されたくないという強情さが表れています。人は人、自分は自分、他人の意向には惑わされたくないぞ、と言う態度を取っていますが、その実、人のことが気になって仕方がないタイプ。要するに見栄っぱりなのです。やきもち焼きも相当なものです。
ただ、元から決めていたメニューにする初志貫徹タイプですから、恋の炎は燃え上がるはず。但し、自己主張が強いだけに、一度疑いだしたら頑として曲げないかたくなさがあるので、そこは要注意です。

を選んだ彼; やきもち焼き度30%
「あ、ぼくも....」と、同僚に追随するような言い方をするのは、気が弱い証拠。いつも遠慮がちで、彼女に対しても機嫌をそこねないように常に気を使います。やきもちを焼くようなそぶりはまったく見せませんが、内心ではいじいじ思っていることもあるタイプです。下手に嫉妬心をあおると、恋がさらに燃えるどころか、へこんでしまう可能性がある人です。

を選んだ彼; やきもち焼き度80%
自分があらかじめ注文しようと思っていたものを意地でも変えてしまうほど、嫉妬心が激しい人です。例えば、彼とデートの最中に携帯電話がかかってきて、それが男性からだと分かると、「どういう関係なんだ?」としつこく問い詰めるタイプです。その分、競争心をくすぐるのは手管としては良いかもしれません。もっとも、同僚が先に頼んだくらいで注文を変えてしまう切り替えの速さを持っていますから、心変わりしやすいともいえます。やきもちを焼かせるのはほどほどに。

を選んだ彼; やきもち焼き度100%
注文しようと思っていたメニューを意地でも変更してしまうのはと同じですが、この人は、いつもと同じ人気メニューにするのも悔しくて、決局「てんぷら定食」にしてしまいました。このタイプがやきもちを焼くと、もう手に負えません。彼女がちょっと他の男性と談笑しているだけでも、プライドを傷つけられた気がして、激しく怒りだしてしまいます。このタイプを相手に、わざとやきもちを焼かせるなどというテクニックは絶対に使ってはいけません。

を選んだ彼; やきもち焼き度70%
同僚の注文に続けて、わざわざ「二つ」とまとめるこの人は、常に主導権を握らないと気がすまない仕切り屋です。メニューの種類は同僚が決めたけれど、数は自分が決めるという態度をとることで、面目を保とうとしているのです。リーダーシップを取りたがるこのタイプにとっては、彼女が他の男性と話をしているくらいでやきもちを焼くなど、プライドが許しません。ただ、そのプライドを保つために奮起するタイプでもあるので、やきもち作戦が効果的な相手といえます。

Copyright(c),All rights reserved.