キスについて考察

接吻

接吻(せっぷん)は、口づけ、キス(kiss)ともいい、愛情表現のひとつ。人が互いに親愛の情を示すために唇で、相手の額や頬、唇などに触れる行為のこと。

キスの一種であるディープキス(フレンチ・キス)は、唇を触れ合うだけでなく、互いに舌を相手の口に挿入、絡めあう濃厚なもの。唇を触れ合うだけのものは区別してソフトキスと呼ばれる。

スラブ系の人たちは男性同士でも親愛の情を示すために頬にキスする。ラテン系・ゲルマン系の人たちには、すぐ隣接する文化圏でありながら、それは異様に思えるというし、ラテン系の人たちは恋人たちであれば、特に音を立ててキスするなど、様々なバリエーションがある。

かつてはkissを「キッス」と発音することが多かった。また、ドイツ語では「クス(kuss)」という。

日本では元来、接吻というのは性行為と直結したものであった。日本が文明開化を迎える以前、挨拶のキス、人前で愛情を表すキスというような理性的なキスは存在しなかった。しかし接吻は生物の本能的な行動の1つで、日本でも江戸時代から一般庶民も裏では頻繁に行っていた。現代でも、こうした傾向は続いている。

キスという言葉が入ってきたのは文明開化以降、それが接吻と和訳されたのが明治20年頃、それまでは「口吸い」と呼ばれていた。

by Wikipedia

Copyright(c), All rights reserved.