キスについて考察

たった一度のキスで死んでしまうかもしれない

カナダ・ケベック州サゲナイ在住の15歳の少女が先週日曜日に亡くなったが、その死因は彼氏にキスされたからではないかとみられている。少女はピーナッツに対するアレルギーがあった。

今後病理解剖が行われる予定となっているため、現在のところアレルギーが直接の原因とは断定されていない。しかし、当局はピーナッツバターを食べたボーイフレンドが、彼女にキスしたことが原因であるとの見解を示している。

その日、当たり前のことだが、死亡した少女は一切ピーナッツ類を食べていなかったという。悲しいことに、少女にとって彼氏のキスは文字通り「死の接吻」になってしまった。

直ぐにアドレナリン(アレルギーの特効薬)が投与されたが、少女の様態は回復せず、病院へ搬送された。

その後も治療は続けられたが、水曜日、少女の死亡が確認された。

by 2005/11/26の記事

最愛の彼とキスして感激のあまり呆然とするのではなく、本当に死んでしまうかもしれないという原因、が彼女の持病にあるのですね。

Copyright(c), All rights reserved.