キスについて考察

キスの起源

英語で言う『キス』は kus-kus=味わうって意味が語源です。
フランス語の『ベーゼ』は「口を開く」という言葉が語源になっていると言われています。
日本で『キス』という言葉が使われ始めたのは、戦後の西洋文化流入からで、それまでは「口吸い」や「接吻」が使われていました。
どれもこれも、「相手のものを味わう、開く、吸い込む」みたいに、性的な意味合いが強い感じがしますね。

言い換えれば、濃密な愛情そのものを味わうということではないでしょうか。
こうしてみると、食べることとキス(=性)は、深いところで官能的に結びついている気がします。

Copyright(c), All rights reserved.