セックスよりキスが上手かった人のほうが忘れられない

キスの位置づけ

あなたにとって、キスはどんな位置づけにあるのでしょうか。 まだ経験のない人は、どんなものか興味が先でしょうか。 それとも、気になる人の唇を見ていると吸い寄せられそうになりますか? とにかくキスしてしまえば何とかなるのでは、なんて思っている(?)

それぞれ、キスに対する思い入れの度合いに違いはあるでしょうが、女性にとっては、男性側が思っている以上に、ロマンやムードが大切だということは確かです。 舌の使い方がどうだとかいうよりも、そういった部分含めてのテクニックだといえるかもしれません。

また、セックスは気持ちの昂ぶりとともに無我夢中でする行為ともいえますが、そのテクニックは案外印象に残らない場合が多いのです。 むしろ、セックスに関しては嫌だったり、びっくりして引いてしまったといった体験のほうが心に残りやすい一面もあります。 それだけ、パターンも色々、タイプも色々といったところでしょう。

ところがキスに関しては、シンプルな行為であるがゆえに、女性にとってとろけるような幸せをくれた相手こそ、忘れられない人となるのです。 恋人や意中の彼女にとって、自分こそがそのような相手になりたいと、そう思いませんか?

万が一その彼女と別れてしまったとしても、彼女から「あの人、キスが上手かったな....」なんて思い出してもらえるとしたら、それこそ男冥利に尽きるというものではありませんか。 女性にとってそんな恋は、一生記憶に残る恋になるのです。

逆に、女性にとって「史上最低のキス」をした相手として記憶されたとしたら.... それこそ、想像したくもありません。 そのためにも、自分の気持ちを伝えるためのキスだけではなく、彼女を悦ばせるためのキスを学んでみましょう。
そうすることで、あなたにとってキスは、目的ではなく手段となるはずです。

そもそも、キスしたいのではなく、キスをきっかけに彼女と深い関係になりたいという気持ちが前提にあるのではありませんか?
キスの達人になることは、そのテクニックで色々な女の子を口説いて、ゲームのように楽しみたいということが目的ではないでしょう。
多くの人が、大切な人との恋愛を楽しみたいからこそ、キスしたくなるのではないでしょうか。

Copyright(c), All rights reserved.